2019年11月08日

内視鏡看護師にインタビュー!!

星今回、内視鏡看護師を知ってほしくって

内視鏡看護師Aさんにインタビューしてみましたラブラブ


宝石赤内視鏡の看護師さんってどんな看護をしているの?

一般的に病棟での看護とかは、患者様の生活の場での24時間を診ていますが

内視鏡では、検査や治療という短い一部分を受け持ちます。

検査・治療の場では、一瞬の観察力と判断力を要求されますねキョロキョロ

医師とチームで患者の治療の介助をする、少し特殊な部門だと思いますおねがい


もみじ内視鏡看護で大切にしていることって何?

内視鏡検査と聞くと皆さんは、「辛いー、しんどい検査」や「結果が心配」と思ってこられる方が

多いように思います。

緊張して来院される患者様が、少しでも安楽に検査を受けて頂けるよう、笑顔で照れ

丁寧に対応すること。それ以上に、患者様の安全を守るために、検査中は

確実な技術の提供と、患者様の全身状態の把握に勤めていますドキドキ


クローバー最後に、あなたにとって内視鏡看護のやりがいってなんですか?

患者様が検査や治療を安全に受けて頂くために、自分の技術の習得とスキルアップができることかな。

例えば、患者様の治療を医師とチームで達成できたときは、とても充実感があり、次の学習意欲が湧いてくるんですキラキラ

それと、検査や治療を受けられた患者様が「ここで受けてよかった照れ」と、言葉にしてもらえることビックリマーク

これが最大のやりがいですかね爆  笑


こんな看護師が笑顔を振りまきながら照れ看護をしています。


何か消化器症状で悩んでいる方は、是非この笑顔に会ってみてくださいラブラブラブラブラブラブ




posted by 海星☆看護部 at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年11月07日

第三段階研修「意思決定支援」開催!

1029日に卒後5年目看護師を対象に

星「意志決定支援」の研修を開催しました。ニコニコ


当院のラダーでは、卒後5年目の看護師には

、患者様が意思決定をする場面について

〜患者の意思決定支援するための主体的な行動が取れる〜照れ照れ照れ

ことが求められています。


キラキラ研修の目標としては、

・意志決定支援のためのプロセスを理解できるグリーンハーツ

・看護実践するための必要な技術を理解できる、ブルーハーツ

とし、緩和ケア認定看護師より講義を受け、講義で学んだプロセスを活用しグループで事例展開を行いました。

患者中心で、患者の意向を最大限汲んだ意志決定プロセスへと援助するために

5年目の中堅看護師がこの研修で学んだことを、自分の看護に活かすのはもちろんですが、

部署に戻り悩んでいる後輩たちと一緒に看護を展開してほしいと思います。ラブラブ



posted by 海星☆看護部 at 00:00| Comment(0) | 日記