2021年10月04日

地域包括ケア病棟の魅力


こんにちは、5階病棟看護師ですぴかぴか(新しい)


今回は5階病棟の特色について話したいと思いますグッド(上向き矢印)


5階病棟は地域包括ケア病棟となっていますひらめき


地域包括ケア病棟では主に急性期の治療が終わり、自宅に帰るためのリハビリを行っていまするんるん

患者様にとってゴールはさまざまなので、患者様や家族の方が自宅に帰って生活できるよう整えることも重要ですひらめき

そのため、毎週月曜日と火曜日に多職種カンファレンスを実施しています晴れ

多職種カンファレンスというのは、患者様、家族の方が一緒に生活できるよう継続的に支援するために医師、理学療法士、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーなどたくさんの職種が話し合う場でするんるん

看護師は現在の病棟での生活や患者様、家族の方の希望を晴れ

理学療法士は現在のリハビリの進捗を晴れ

薬剤師は薬のコントロールを晴れ

栄養士は食事量が少ないとき補助食品や食事形態などの提案を晴れ

ソーシャルワーカーは多方面への連絡や家族との面談を晴れ

1人の患者様に対しこのようにさまざまな職種と連携を取りながら病棟全体で1日でも早く帰れるよう調整していますわーい(嬉しい顔)


そんな5階病棟ですが、20代から40代とさまざまな年代の看護師がいますexclamation

もちろん新卒で来られる方もいますが既卒の方も多く、和気あいあいと仕事に励んでいますグッド(上向き矢印)

私も約3年前に既卒として当院に入職しましたが、同年代も多くアットホームな感じで、でも分からないことに対して丁寧に教えていただき、楽しく仕事ができていますハートたち(複数ハート)


まだまだ言葉で表せないくらい魅力はたくさんありますが、地域包括に興味があるあなた!ぜひ当院へ就職しませんか?

posted by 海星☆看護部 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: